Affiliate

【簡単】売りやすいアフィリエイト案件の選び方【注意点あり】

悩んでるあなた
アフィリエイト案件の選び方がわからない。難しそうで心配だな。注意点などあれば教えて!

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 売りやすいアフィリエイト案件の選び方
  • アフィリエイト案件を選ぶ際の注意点
  • 初心者がアフィリエイト案件を選ぶ際に意識すべきこと

アフィリエイト案件の選び方には最適な方法があります。

答えから言うと下記の3つ。

  • 比較しやすい商品
  • 上位記事と同じ商品
  • 自分で使ったことがある商品

これら3つの商品の案件を探すことがポイントです。

実はアフィリエイト案件の選び方さえ分かれば、収益が上がりやすくなります。

実際に上位のアフィリエイターの方は主に上記3つのどれかに当てはまる商品の案件を取り扱ってます。

もしアフィリエイト案件の選び方に不安がある方はぜひ読んでいってください。

この記事を読めば、アフィリエイト案件の選び方を理解でき、より収益を発生させやすい状態になります。

ながゆう
さっそく解説していくよ!

売りやすいアフィリエイト案件の選び方

売りやすいアフィリエイト案件の選び方

アフィリエイト案件の選び方に関しては3つの方法があります。

  • 比較しやすい商品
  • 上位記事と同じ商品
  • 自分で使ったことがある商品

これら3つは共通点があり、それが『売れやすい』かつ『売りやすい』です。

僕が初心者の頃は案件を選べても、どうやって訴求したらいいかわからなかったので、なかなか収益記事が増えませんでした。

なのでアフィリエイト案件の中でも特に売りやすい商品の案件を解説していきます。

アフィリエイト案件の選び方①比較しやすい商品

まずは比較しやすい商品を選ぼう。

アフィリエイトをする上で比較することは必須です。

読者の大半は比較して購入を決めるので、収益記事において比較をしないというのは読者に優しくない記事です。

その上で比較しやすい商品を選ぶとランキングやおすすめ記事も書きやすくなります。

また、比較しにくい商品の特徴としては下記の2つ。

  • 機能の成長が止まっている(筋トレ器具、キーボード etc...)
  • 同種の商品がそこまで多くない(AR彼女、スマートスピーカー etc...)

機能の成長が止まっているものはぶっちゃけどれも一緒で、使い勝手は人それぞれなところがあるので比較しにくいです。

また、まだ世に出回ってまもないような商品の種類はそこまでないので、訴求のやり方に困るというデメリットもあります。

アフィリエイトでは「未来を見せてあげる」という言われ方をしますが、特に初心者の方はこういった商品だと未来の見せようがないですよね。

なのでできるだけ比較しやすい商品を選ぼう。

アフィリエイト案件の選び方②上位記事と同じ商品

アフィリエイト案件を選ぶ際の鉄則のようなものですね。

読者は1つの記事で商品を決めてしまうことはあまりないので、記事同士の比較もよくやります。

その中で別の商品を紹介すれば差別化できて、売れやすいのでは?と思う方もいますが、意外とそんなこともないです。

読者は記事間でどんな比較をしているかというと、「どの記事でも紹介されている商品」を探すために比較してます。

ここは日本人特有の「みんなが使ってるものが正しい精神」が働くので、あえて別の商品にする必要はない。

記事の内容に困った時も上位記事が参考になるので、そういった面でもおすすめです。

とりあえず上位記事と同じ商品の案件を選ぼう。

アフィリエイト案件の選び方③自分で使ったことがある商品

アフィリエイト経験があまりないなら自分が使ったことがあるものを選ぶと書きやすいですよ。

使ったことあるものは、機能だったり意外な使い方だったりを知ってるはずなので、利用者目線で書くことができます。

デメリットまで詳しく書けるので記事自体の信頼性もグッと上がります。

また、1つじゃなくて同じようなものをいくつか使ったことあるなら尚更強いですね。

言わずもがな比較記事において全て使ったことあるのは最強の強み。

無理して使ったことないものを選ぶくらいなら、楽な使ったことある商品の案件を選ぼう。

ながゆう
僕は「使ったことある」かつ「上位記事と同じもの」しか紹介してません!

アフィリエイト案件を選ぶ際の注意点

アフィリエイト案件を選ぶ際の注意点

アフィリエイト案件を選ぶときにミスりがちなポイントが3つあります。

  • ブランド力を無視
  • 単価が安すぎる
  • アフィリエイト案件になってない商品を選ぶ

こういったミスは理解できれば秒で解決なので心配ありません。

1つ1つ解説していきます。

  • ブランド力のある商品を選ぶ
  • 単価が安すぎるものは選ばない
  • アフィリエイト案件になってない商品もある

ブランド力のある商品を選ぶ

アフィリエイト初心者は自分が使って良かったものを売る時でもブランド力を意識しよう。

例えばAという商品を使ったことがあっても、Bの方が有名ならBを買わせるような工夫をしましょう。

心理学でよく聞く『単純接触効果』により、やはり有名な方が読者は好む傾向にあります。

なのでAの商品は捨て案件的な扱いで、売れればいいなぐらいで捉えておきましょう。

逆にBに関しては「いや、これ買わない読者アホやろ」っていうぐらいの勢いで紹介していくべき。

もちろんあからさまな内容の違いがあるのはいけませんが、心理術を上手く使いながら自然と誘導していきましょう。

心理学を使った文章術に関しては『ブログで人を動かす文章を書くコツは7つ【人の心理を読み解く】』にて詳しく解説しています。

単価が安すぎるものは選ばない

アフィリエイトで稼いでいきたいなら単価を意識しよう。

理由としてはアフィリエイトの方程式を見ればわかります。

アフィリエイトの方程式

報酬額 = アクセス数 × クリック率 × 成約率 × 単価

この数字の中で1番大きく影響されるのが単価です。

記事単体のアクセス数は良くても1000PVくらいなので、単価が1000円以上あれば影響力大です。

目安としては言った通り、1000円以上の案件を取りましょう。

それより低いものは成果になっても、大きく稼げないのでおすすめしません。

もちろんジャンルによってそこまで高い案件がない場合が仕方ないですが、できるだけ高いものから選びましょう。

高単価案件を扱いづらいあなたへ

辛い読者
高単価だと買ってくれる人少ないかもなぁ...

こう言った悩みを持ってる方は残念ですが今すぐ考え直しましょう。

というのもペルソナを高単価でも買ってくれる人に絞れば解決するからですね。

例えば、プログラミングスクールは何十万するのがほとんどですが、会社員に売る場合は特に問題ないですよね。

大学生とかだと厳しいかもですが、案件によってペルソナを変えるのは当然のことなので意識できれば売れますよ。

アフィリエイト案件になってない商品もある

アフィリエイトやるときに1番困るのが案件がないことですね。

商品から先に決めた場合によく起きうることです。

そんな時は似た商品の案件を探すか潔く諦めよう。

また、案件があるかどうか知りたい時は下記の3つの方法があります。

  • ASPの検索窓で実際に調べてみる
  • 「(商品名) アフィリエイト」で調べる
  • 「(商品名) 口コミ」などの収益記事で使われるキーワードで調べる

これらをやれば案件があるかどうかはサクッと調べられるので、案件探しの際はやってみてください。

3番目の方法について少し補足

3番目が少し分かりにくいので、やり方を解説します。

「(商品名) 口コミ」で調べる

まずはGoogle chromeを開き、「(商品名) 口コミ」などで調べます。(今回は「プログラミングスクール」とざっくり調べました。)

そして口コミやおすすめを書いている記事をクリックします。(広告以外を選びましょう。)

リンクにカーソルを合わせる

その記事の中で商品のリンクがあると思うので、そのリンクにカーソルを合わせます。

すると左下にアドレスが表示されていて、その中に「moshimo」と書かれています。

これは「もしもアフィリエイト」というASPからアフィリエイトリンクをとってきている証拠。要するに案件があります。

こう言った感じでいろんな商品で案件があるかどうか調べられます。

初心者がアフィリエイト案件を選ぶ際に意識すべきこと

初心者がアフィリエイト案件を選ぶ際に意識すべきこと

最後に初心者がアフィリエイト案件を選ぶときに意識すべきことを解説します。

アフィリエイト初心者のうちは特に気をつけておかないと無謀な挑戦をしちゃいます。

そうならないために意識すべきことを解説します。

  • 成果発生条件のハードルが低いものを選ぶ
  • まずは自分が欲しいものを選ぶ

下記で深掘りしていきます。

成果発生条件のハードルが低いものを選ぶ

もしアフィリエイト案件で迷ったら、とりあえず成果発生のハードルが低いのを選ぼう。

具体的にどんな案件かというと下記の3つです。

  • 30日間無料体験
  • 全額返金保証サービス
  • 資料請求

他にもありますがこんな感じ。

これらの特徴をうまいこと訴求できれば、読者はサクッと成約までいってくれるので簡単です。

こんな感じの案件でも1000円以上がほとんどで、なんなら10000円くらいのものもあります。

自分のジャンルでハードルの低いものを選ぶスキルも身につけよう。

注意ポイント

ここでも注意すべきは、プルソナと単価です。簡単に成約までいくと言いましたが、それはペルソナがしっかり絞れている前提。そしていくら簡単でも単価が安ければ大きく稼げない。しっかり前提条件は忘れないように。

まずは自分が欲しいものを選ぶ

まだアフィリエイト始めてまもないなら、今欲しいものをアマゾンアソシエイトなどで探して売ってみるのがおすすめ。

理由としては自分が欲しいものは具体的な特徴までよく知ってると思うので下調べがいらないですよね。

なんなら比較対象もあると思うので、収益記事をサクッと書けます。

アマゾンだと商品も揃ってるのでない物がないですよね。

1番最初に書く収益記事は自分が今欲しい物でOK。

【簡単】売りやすいアフィリエイト案件の選び方:まとめ

【簡単】売りやすいアフィリエイト案件の選び方:まとめ

今回は「アフィリエイト案件の選び方」について解説しました。

今回のおさらい

    アフィリエイト案件の選び方

  • 比較しやすい商品
  • 上位記事と同じ商品
  • 自分で使ったことがある商品
    アフィリエイト案件を選ぶときの注意点

  • ブランド力のある商品を選ぶ
  • 単価が安すぎるものは選ばない
  • アフィリエイト案件になってない商品もある
    アフィリエイト初心者が意識すべきこと

  • 成果発生条件のハードルが低いものを選ぶ
  • まずは自分が欲しいものを選ぶ

これらが理解できれば、ちゃんとした案件選びができるので、収益もうまいこと上がります。

また、アフィリエイト案件を選ぶにはASPへの登録が必要ですね。

まだ登録していないASPがあれば下記からどうぞ。約3分で完了します。

それではこの辺で。

関連記事【2020年】アフィリエイトおすすめASP8社【3分で登録完了】

関連記事【初心者向け】アフィリエイトブログの書き方を1から10まで解説

-Affiliate

© 2020 nagayuublog Powered by AFFINGER5