SEO

【初心者】ブログ記事を削除する3つの理由【消さずに運営しよう】

2020年6月1日

悩んでるあなた
ブログを削除するの怖いな。どんな記事なら削除していいのかな。できれば消したくないから消さずに運営していく方法教えて。

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログ記事を削除する3つの理由
  • ブログ記事を消す時の判断基準
  • ブログ記事を消さずに運営する方法

ブログを消すのには理由があります。

理由もわからず、むやみやたらに削除していったら積み上げた意味がありません。

そして、ブログを消す際の判断基準と消さずに運営していく方法を紹介します。

この記事を読めば、あなたのブログはGoogle先生から愛される最高のブログになります。

ながゆう
早速解説していくよ!

ブログ記事を削除する3つの理由

ブログ記事を削除する3つの理由

ブログ記事は増やしていくばかりでは、サイトの評価が下がる場合があります。

なので記事の削除が必要になります。

まずは記事の削除の理由から解説していきます。

  • 記事の統一
  • ジャンルを絞る
  • サイトの評価を高める

下記で深掘りしていきます。

ブログ記事削除の理由①:記事の統一

記事の統一とは、「似た内容の記事を統合して1つの記事に書き直すこと」です。

これはそこまで数多くはやらないですが、初心者の頃に書いた記事はよくやりました。

例えば「記事 書き方」と「記事 書き方 手順」というキーワードで書いていた記事は、内容を合わせた方が内容が濃くなるので統一しました。

2つより1つに絞った方が質が上がる場合はやるべきです。

ながゆう
統合して記事数が減っても評価が上がればOKです!

ブログ記事削除の理由②:ジャンルを絞る

要するに雑記から特化へ移行する際の削除です。

様々なジャンルの場合SEO評価が上がりづらい傾向にあります。

なので削除や301リダイレクトをしつつ、整理していく必要があります。

そんな時はブログ記事の削除は有効な方法です。

また、後々サイトの評価が上がってきたら、別のジャンルでも書きたいと思うかもしれません。

そんな時のためにブログ記事を削除するのはもったいないので、「noindex」にして記事を残しておきましょう。

こうしておけばGoogleから認知されないまま記事を残せるので、SEO評価を上げつつ記事削除可能です。

ブログ記事削除の理由③:サイトの評価を高める

今回の本題に関連する部分はここです。

削除の最大の理由はサイトの評価を高めるためです。

いわゆる評価の低い記事はサイトの評価自体を下げてしまうので、削除することをおすすめします。

次の章ではその削除の基準を解説します。

ブログ記事を削除する時の3つの判断基準

ブログ記事を消す時の3つの判断基準

ブログ記事を削除するには3つの判断基準で決めるべき。

「なんとなく悪そうだから」は中級者くらいになってから。

初心者のうちはしっかり判断基準を明確にして削除していきましょう。

  • 検索順位
  • アクセス数
  • 投稿日(更新日)

下記で深掘りしていきます。

ブログ記事削除の基準①:検索順位

まずは検索順位を見ます。

検索順位の調べ方は「Rank Tracker」で行います。

検索順位の基準は一般的に「50位」が目安です。

50位より下の順位の場合は削除対象です。

そして新記事を書く際はキーワードを足すと検索上位にいきやすいです。

関連記事:
【2020年】ブログで検索上位に表示されない原因は5つ

ブログ記事削除の基準②:アクセス数

アクセス数が月間で30以下なら削除対象です。

月に30ということは毎日1アクセスが必要になります。

それくらいないと基本的に価値の低い記事になります。

とはいっても、ドメインパワーが低かったり運営歴が短いと検索上位に上がれない事がほとんどなので、最初のうちはアクセスが少ないのが当たり前。

なのでその他の要因も考慮しつつ削除していきましょう。

「今の記事数×30<月間総アクセス数」であればサイト全体としてはセーフなので、記事単体で見たときに上記のような記事は削除しよう。

ブログ記事削除の基準③:投稿日(更新日)

ここは判断基準というか前提の話です。

投稿やリライトした日から3ヶ月から半年が経ってない記事は、例え①②の判断基準に引っかかっていたとしても、削除対象ではありません。

なぜなら3~6ヶ月ほど経たないと記事の正確な評価はしづらいからです。

Googleが評価するのに3~6ヶ月かかると言っているのに、自分でその期間より早く評価するのはある意味傲慢です。

しっかり投稿した日も見つつ判断しましょう。

ブログ記事を消さずに運営する方法

ブログ記事を消さずに運営する方法

最後にできるだけ記事を削除せずに運営していく方法を解説していきます。

当たり前ですが、誰もが記事を消したくありません。

何時間もかけて書いてきた記事を消すのは正直苦痛。

なのでそうならないための運営法を解説します。結構本質なので今日から取り入れましょう。

  • 記事設計に力を入れる
  • リライト力を高める

下記で深掘りしていきます。

記事設計に力を入れる

記事設計とは要するに「どういった内容をどんな順番に解説していくか」です。

超シンプルですが初心者はここでつまずきます。

記事設計の内容の部分で言えば下記の2つを意識しましょう。

  • 読者のお悩み解決
  • 上位記事より豊富でオリジナリティのあるコンテンツ

これらを記事設計の時点で意識しておけば、執筆スピードも記事の質も上げられます。

記事設計については『ブログの構成を簡単に作る3つの手順【100記事書いた僕が解説】』にて詳しく解説しています。

リライト力を高める

ブログ記事はリライトありきで書いていくものです。

最初から100点の記事を書く必要はなく、まずは最低でも60点。

ここから何度もリライトを重ねて良質な記事にしていきます。

なので上記で解説した判断基準に引っかかっていたとしても削除回避可能です。

リライトのポイントとしては下記の3つ。

  • コンテンツの追加・削除・修正
  • 内部リンクの調整
  • 導入文の添削

これらを意識してリライト力を高めていけば、検索順位も自ずと成長します。

ブログのリライトに関しては『【初心者向け】ブログのリライトで検索順位を爆上げする方法』にて詳しく解説しています。

【初心者】ブログ記事を削除する3つの理由:まとめ

【初心者】ブログ記事を削除する3つの理由:まとめ

今回は『ブログ記事の削除』について解説していきました。

これから記事数はどんどん増えていき、サイトの評価が分散していくので、1記事の重みが大事になってきます。

    ブログ記事を削除する理由

  • 記事の統一
  • ジャンルを絞る
  • サイトの評価を高める

記事削除には理由や根拠があってこそ意味のあるものなので、これらをしっかり理解しておきましょう。

    ブログ記事削除の判断基準

  • 検索順位
  • アクセス数
  • 投稿日(更新日)

むやみやたらに記事を削除していては一生積み上がらないので、ちゃんと判断基準を明確化しよう。

そしてその判断基準に沿って記事の今後の扱い方を決めればOK.

削除せずにブログ運営ができれば、楽しく続けられるので、これからの記事執筆で意識していきましょう。

それではこの辺で。

あわせて読みたい
【簡単】ブログのカテゴリ分けのコツ【ブログの評価を上げる】

続きを見る

-SEO

© 2020 nagayuublog Powered by AFFINGER5