Blog

ブログのキーワード選定を4STEPで解説【コツもあわせて解説】

悩んでるあなた
ブログのキーワード選定ってどうやってやるの?コツとかあったら教えて!

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログのキーワード選定方法
  • ブログのキーワード選定のコツ
  • ブログ記事を書いた後にやるべきこと

ブログはキーワード選定が9割。これだけで記事の質は決まる。

ここでミスると、誰も読みにきてくれないです。

しかし実はキーワード選定は方法とコツだけ知っていれば誰でも簡単にできます。

実際にこの方法に変えてから、検索順位は日に日に伸びています。

もし今のキーワード選定の方法に不安があったり、まだよく知らない方はぜひ読んでってください。

この記事を読めば、正しいキーワード選定を知ることができ、効率よくブログを書いていくことができます。

ながゆう
早速解説していくよ!

ブログのキーワード選定方法

ブログのキーワード選定方法

ブログのキーワード選定は全部で4ステップあります。

この順番にやっていけば誰でもミスなくキーワード選定できます。

実際にやっていく4ステップは以下です。

  • 派生させるキーワードを決める
  • キーワードを派生させていく
  • キーワードを分類する
  • 実際に記事にしていく

下記で深掘りしていきます。

STEP1:派生させるキーワードを決める

まずは自分のジャンルに関連するキーワードを1語決めます。

これは自分の感覚やなんとなくで選んで構いません。

  • 大学生向けなら→「大学生」
  • 筋トレ系なら→「プロテイン」
  • ブログ系なら→「ブログ」 etc...

なんでもOK。

今回は「ブログ」と言うキーワードを選んで派生していきます

STEP2:キーワードを派生させていく

1語のキーワードを選んだらここから派生させていきます。

使うツールは下記の2つ。

  • 関連キーワード取得ツール
  • キーワードプランナー

関連キーワード取得ツール

まずは「関連キーワード取得ツール」で関連キーワードを探します。

関連キーワード取得ツール

選んだキーワードを検索バーに入れて検索すると、上の画面のようになります。

そして「全キーワードリスト(重複除去)」の欄を全選択して、コピーします。

ポイント

全選択とコピーは「command + A」→「command + C」を押すとできます。

キーワードプランナー

コピーできたら次は「キーワードプランナー」でキーワードの詳細を調べます。

キーワードプランナー

キーワードプランナーを開き、「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワードプランナー

そして入力欄にさっきコピーしたものをペーストして入力します。

ポイント

ペーストは「command + V」でできます。

そして「開始する」をクリックします。

キーワードプランナー

画面が変わったら「過去の指標」をクリックし、「月間平均ボリューム」をクリックすると昇順に切り替わります。

STEP3:キーワードを分類する

キーワードを探せたらそれらを分類していきます。

分類の方法は主に検索ボリュームで分けていきます。

主に量産していくキーワードは検索ボリューム「100~1000」あたりです。

なのでそのキーワードだけでもExcelとかにまとめておくと便利です。

他のキーワードはキーワードプランナーに保存したままにしておけば、いつでも見ることができます。

ポイント

キーワードプランナーは勝手に保存してくれるので、特に操作はいりません。

STEP4:実際に記事にしていく

キーワードの分類が終わったら、あとは量産していくだけです。

まずは検索ボリュームの多いキーワードで5記事ほど書きましょう。

その後は検索ボリュームが少ないキーワードを量産しつつ、先に書いておいた5記事に内部リンクを貼りましょう。

そうすることで、検索ボリュームが多くて上位がとりにくい最初の5記事でも、検索上位が取れるようになります。

この順番を間違えずに運営していくことでコスパよくブログを伸ばすことができます。

キーワードが切れてきたら、同じやり方をキーワードを変えてやればOKです。

ブログのキーワード選定のコツ

ブログのキーワード選定のコツ

次にブログのキーワード選定のコツを解説します。

キーワード選定の方法がわかっていても、適当に記事を量産すると失敗します。

下記で解説するコツを理解してキーワード選定していきましょう。

  • キーワードの種類や性質を知る
  • マインドマップで道筋の可視化

キーワードの種類や性質を知る

キーワードの種類と性質は様々ですが、まずは種類について解説します。

キーワードの種類

キーワードの種類は主に3つあります。

  • ビッグキーワード:検索ボリューム10,000以上
  • ミドルキーワード:検索ボリューム1,000以上
  • ロングテールキーワード:検索ボリューム1,000以下

ざっくりこんな感じ。

後は語数や競合の強さなんかも関係しますが、主に検索ボリュームで比較した方が理解しやすいです。

種類を理解しておけば下記で解説する性質を分類する際に便利です。

キーワードの性質

キーワードの性質は主に3つです。

  • 収益に直結する→収益記事
  • 集客に使う→集客記事
  • 関連する内容を書く→関連記事

少しわかりにくいので、キーワードを絡めて解説すると、、、

  • 収益記事→(商品名)+ランキング
  • 集客記事→(商品名)+比較
  • 関連記事→(商品名)+使い方

主にこんな感じですね。

キーワードによって売れやすいキーワードと売れにくいキーワードがあるので、そこが理解できるようになると記事の内容も固めやすいです。

後はキーワードの種類と絡めておくのも有効ですよ。

  • 収益記事→ビッグキーワード、ミドルキーワード
  • 集客記事→ミドルキーワード、ロングテールキーワード
  • 関連記事→ミドルキーワード、ロングテールキーワード

キーワードに関しては『【簡単】アフィリエイトキーワードの見つけ方【無料でできる】』にて詳しく解説しています。

ながゆう
ここまでわかれば後は慣れていくだけです!

マインドマップで道筋の可視化

先ほど内部リンクのことを書いたと思いますが、内部リンクの貼り方はマインドマップを使って可視化していきます。

内部リンクは収益記事までの道筋なのでそれが適当だと、なかなか収益は生まれません。

実際にどんな感じか見せておくと下記のような感じ。

マインドマップ

キーワードが書かれているので少し隠していますが、線でつながっているのがわかると思います。

こう言う感じで同線を引いて管理しておくことで、後々の修正にも役立ちます。

このマインドマップは「XMind」と言うアプリで作ってます。どのマインドマップでも機能はほぼ同じなので、これでいいかなと思います。

ブログ記事を書いた後にやるべきこと

ブログ記事を書いた後にやるべきこと

キーワード選定が終わり記事の執筆も終われば、次にやるのは検索順位の計測です。

記事を書くまではキーワードが命ですが、書いた後でもキーワードによる検索順位測定は大切。

検索順位の測定は「Rank Tracker」で行います。

ぶっちゃけ神ツールなので検索順位チェックはRank Trackerで決まりです。

検索順位別のその後の行動

検索順位の主な分岐点となるのが下記の3ポイント。

  • 50位圏外
  • 50~10位
  • 10位以内

それぞれ解説していきます。

50位圏外

検索順位が50位圏外だとあまりいい記事とは言えません。

もちろんビッグキーワードかつ内部リンクなどが整っていないなどの場合は別です。

ロングテールなどで3ヶ月経っても50位圏外は301リダイレクトして、新しく記事を作り直しましょう。

301リダイレクト・・・記事のSEO評価を別の記事に引き継ぐこと

50~10位

この範囲であればリライトして、ガツンと上位を狙えます。

うまくいけば10位以内も全然あります。

またビッグキーワードの場合は別の関連記事を増やして、内部リンクを増やして順位をあげましょう。

リライトだけではなかなか難しいですよ。

リライトに関しては「【初心者向け】ブログのリライトで検索順位を爆上げする方法」にて解説しています。

10位以内

10位以内だともう自分がどうにかして順位を上げるのは難しくなります。

10位以内で順位を上げる方法は主に3つあります。

  • 被リンクをもらう
  • テーマを有料テーマに変える
  • ドメインパワーを上げる

とは言ってもリライトしないという判断はもったいないのでリライトもあり。

被リンクやドメインパワーに関しては明確な方法がないので、愚直にリライトが最適解ですよ。

ブログのキーワード選定を4STEPで解説【コツもあわせて解説】:まとめ

ブログのキーワード選定を4STEPで解説【コツもあわせて解説】:まとめ

今回は「ブログのキーワード選定」に関して解説していきました。

キーワード選定は2つのツールを使えば10分くらいで終わるので、難しくないですね。

    キーワード選定の手順

  • 派生させるキーワードを決める
  • キーワードを派生させていく
  • キーワードを分類する
  • 実際に記事にしていく

まずはこの流れで繰り返しやって、100記事ほど生産しましょう。

そしてキーワードの種類と性質も理解しておこう。

    キーワードの種類

  • ビッグキーワード:検索ボリューム10,000以上
  • ミドルキーワード:検索ボリューム1,000以上
  • ロングテールキーワード:検索ボリューム1,000以下
    キーワードの性質

  • 収益に直結する→収益記事
  • 集客に使う→集客記事
  • 関連する内容を書く→関連記事

これらが理解できればブログ運営でネタ切れに困ることなく伸ばしていけます。

それではこの辺で。

関連記事【2020】AFFINGER5を実際に使ってみての徹底レビュー【他テーマと比較】

関連記事【保存版】ブログタイトルの付け方の7つのコツ【クリック率UP】

-Blog

© 2020 nagayuublog Powered by AFFINGER5