SEO

【最新版】ブログの文字数は気にしないでいい【長文書けはゴミ】

2020年5月17日

悩んでるあなた
ブログの文字数はどれくらいがいいのかな?長文で書いた方が上位に上がりやすいって聞いたけど本当?

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログの文字数は気にしなくていい話
  • ブログに網羅性を出すためのコツ

結論、ブログは文字数を意識する必要はないです。

証拠として下記記事の順位と文字数をみてください。

サーチコンソール

見出し抽出

これは「サーチコンソール」と「見出し抽出サイト」で調べた画像です。

下の画像の右側が文字数なんですが、3000文字程度でも検索上位は狙えます。

ブログで文字数を意識してしまっている人は、この記事を読み意識する部分を変えることをおすすめします。

ブログの文字数は気にしなくていい話

ブログの文字数は気にしなくていい話

ブログの文字数はどれくらいがいいのか議論はたくさん行われますが、無駄です。

もちろん昔は長文SEOで上位を狙っている人がいましたが、今は別の分野で勝負すべき。

ここでブログの本質とその他の意識すべきところを、再確認して執筆していこう。

  • 無駄な情報が多いと読まれない
  • ブログの本質は価値提供
  • 文字数より他のSEOを重視すべき

下記で深掘りしていきます。

無駄な情報が多いと読まれない

ブログの文字数を意識している人は無駄な情報を盛り込みすぎ。

ブログでは「1つのキーワードに1つのテーマ」が基本。

上記のように、キーワードからずれた内容を入れて文字数を稼ごうとするのはNG。

それなら内部リンクで別記事用意する方がSEO評価は上がります。

ブログの本質は価値提供

ブログは文字数の多さではなく「関連した情報の量」で勝負すべき。要するに網羅性が大事ってこと。

網羅性とは、たくさんの情報をより詳しく深掘りして価値提供できているかの度合い。

読者は悩みを解決しにきているので、それを解決してあげるために網羅性を上げて、価値提供してあげよう。

網羅性については後半でも解説しています。

文字数より他のSEOを重視すべき

今の時代は長文SEOは終わったので、別のSEOを重視しよう。

  • タイトルにキーワードを入れる
  • 見出しにもキーワード
  • キーワードは左寄せ
  • 指示語はキーワードに変換
  • h2の下に画像
  • alt属性は見出しをそのまま入れる
  • 羅列するときはリスト化
  • title、meta descriptionも忘れずに書く

上記は基本中の基本。ここさえ意識すれば2000~3000字でも上位は狙えます。

これらについては「ブログ初心者が最低限知っておくべきSEO対策まとめ【まずはこれだけ】」で解説しています。

ここで注意です

ここまで長文は意識しなくていいと解説してきました。

安心した読者
じゃあ500文字くらいでもいいのか

これは勘違いです。

ある程度の文字数がないと、文字数だけで網羅性がないと判断されかねないです。

しかしぶっちゃけ網羅性を上げようとすれば、勝手に文字数は2000文字くらいいきます。

なので、まずは網羅性をあげることを意識するだけ。

ブログに網羅性を出すためのコツ

ブログに網羅性を出すためのコツ

ブログの文字数についてある程度理解できたところで、ブログの網羅性を上げるための具体的なコツを解説します。

初心者でも簡単にできるので今日から実践可能です。

恐らくほとんどのブロガーさんもやってることは同じなので、まずは真似ることからです。

  • 競合調査を徹底的にやる
  • 自分の体験談や実績の公開
  • E-A-Tを意識する

下記で深掘りしていきます。

競合調査を徹底的にやる

競合調査は今までもやってきたかとおもいますが、具体的に解説します。

と言っても、網羅性を上げるためだけなら3STEPで終わるので、その手順と合わせて解説します。

これができれば、タイトルや見出し決めもサクッと終えられます。

  • STEP1:キーワードを決める
  • STEP2:上位10サイトの見出しを抽出
  • STEP3:重要な見出しを選定

step
1
キーワードを決める

まずはキーワードを決めましょう。

キーワードの決め方は今まで通りのやり方で大丈夫です。

僕のおすすめは「Googleサジェスト」と「キーワードプランナー」を使ったやり方です。

下記記事で詳しく解説してます。

あわせて読みたい
【簡単】ブログのネタ切れを対処する3つの手順【初心者向け】

続きを見る

step
2
上位10サイトの見出しを抽出

キーワードを決めたら「見出し抽出ツール」を使って見出しを抽出します。

見出し抽出

キーワードを左上に入力して「検索上位サイトから抽出」を押すと上記の画面になります。(今回は「ブログ 書き方」で検索してます。)

そしてそれぞれのサイトをクリックすると下記のように見出しが出てきます。

見出し抽出

ここから下記で選んでいきます。

step
3
重要な見出しを選定

上記で見出しを抽出できたら、この中から読者にとって重要だと思う見出しを選びます。

僕なりの選定基準は下記です。

  • 最もよく使われている見出し
  • 個人的に入れるべきだと思う見出し
  • 専門的な内容が書かれている見出し

最もよく使われている見出し

これは当然ですね。

最も使われているということは「最も読者のニーズが高い内容」が書かれているということです。

恐らくこれのほとんどが、タイトルと同じかほぼ同義な見出しの場合がほとんどです。

一言一句同じ見出しはよくないですが、1番参考にすべきです。

個人的に入れるべきだと思う見出し

悩んでるあなた
個人的に決めるとそれが正解かわからないんじゃない?

大丈夫です。ここでは「昔の自分が欲しかった内容が書かれている見出し」という解釈でもOK。

個人的に昔超悩んだものは、今も悩んでいる人がいるので、ニーズとしてはしっかりあります。

なので、新しく自分なりに作るのもありです。

専門的な内容が書かれている見出し

これは選んでも自分が書けるか心配になると思うのでハードルは少し高め。

しかし専門的なことは答えがあるので、それをまとめて自分なりの言葉で書けばOKです。

ここに関しては最後の「E-A-Tを意識する」で解説しています。

ココに注意

タイトルから今までとは逆の意見を書く場合があると思います。

もちろんその時は今紹介したものは全く参考になりません。自分なりの意見でしっかりSEO対策するのみです。

ながゆう
この記事も検索上位10記事とは全く逆の意見なので少し難しかったです!

自分の体験談や実績の公開

次に大事なのはオリジナリティです。

今までは情報をたくさん詰め込んだら網羅性としては完璧でした。

しかしそれが既に飽和してきたので、次は自分なりの体験談などを入れることが大事になってきました。

Googleもこう公言しています。

オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになります。
引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ: 日本語検索の品質向上にむけて

要するに独自性があって網羅性もあったら、上位表示してあげるよってことです。

E-A-Tを意識する

ここが1番ハードルが高いです。

まずE-A-Tとは下記です。

  • E(Expertise):専門性
  • A(Authoritativeness):権威性
  • T(Trustworthiness):信頼性

全くわからないですね笑。

例を出しつつ具体的に解説します。

E(Expertise):専門性

専門性は1番わかりやすいと思います。

  • 美容師:正しい髪の洗い方
  • 医者:健康食品について
  • プロ選手:正しい練習方法

上記のような方の情報発信には圧倒的な専門性がありますよね。

また、自分がそれの専門家ではなくても、他の記事から引用することで専門性を上げることも可能です。

A(Authoritativeness):権威性

権威性の例は本記事にもあります。

上記で解説した、独自性の話です。

そこでGoogleの引用を持ってくることで、権力の強い組織の言葉なので権威性が上がります。

他にも病気なんかを例にすると、

  • 医者:「こうすれば治りますよ」
  • その辺のおばちゃん:「こうすれば治るべ」

圧倒的に前者の方が権威性がありますね。

T(Trustworthiness):信頼性

信頼性も本記事に例があります。

記事冒頭で文字数が少なくても検索上位をとれる証拠を出したと思います。

それがあるだけでこの記事の信頼性が上がります。

自分に実績や証拠がない人は他の組織や研究結果などから持ってくるのもあり。

このE-A-Tを意識することで、ブログの網羅性は担保されていきます。

【最新版】ブログの文字数は気にしないでいい:まとめ

【最新版】ブログの文字数は気にしないでいい:まとめ

今回は『ブログの文字数』に関して解説していきました。

ブログを長文で書いて苦しんでた人は今日でお別れです。

文字数は意識しなくていい話

  • 無駄な情報が多いと読まれない
  • ブログの本質は価値提供
  • 文字数より他のSEOを重視すべき
ブログに網羅性を出すコツ

  • 競合調査を徹底的にやる
  • 自分の体験談や実績の公開
  • E-A-Tを意識する

しっかり上記のことを意識すれば、長文なんかゴミです。

それではこの辺で。

あわせて読みたい
【鬼簡単】ブログを3倍早く書くコツを7つ解説【最短1時間半】

続きを見る

-SEO

© 2020 nagayuublog Powered by AFFINGER5