Blog

【失敗しない】ブログを書く手順13STEPをテンプレ化して解説

悩んでるあなた
ブログを書く手順が分からない。失敗しないブログを書く手順を教えて!手順の他に大切なのは?

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログを書く手順13STEPを解説
  • ブログを書く上で書き出す前の手順は大切

ブログを書くときは手順を守れば誰でも質の良い記事を書ける。

それほど手順は大切。

実はブログを書く手順さえしっかりしていれば、大きく失敗することはないです。

ほとんどのブロガーが同じ手順なので、わざわざ自分でアレンジする必要はありません。

もしブログを書く手順で迷ってる方は読んでいってください。

この記事を読めば、ブログを書く上で迷うことはなくなります。失敗せずにブログ運営しましょう。

ながゆう
早速解説していきます!

ブログを書くとき、まずは管理画面を開かない

ブログを書くとき、まずは管理画面を開かない

ブログ初心者にありがちなのは、管理画面を開き、いきなり書き出してしまうこと。

それでは良い記事は書けません。

後述しますが、ブログは下準備の方が大切。

ある程度書くことが決まってから管理画面を開こう。

ブログを書く手順13STEP

ブログを書く手順13STEP

ブログを書く手順は全部で13STEPあります。

ここまで細かく区切るのには理由があり、それは全て『読んで欲しい読者に対して届けるための工夫』です。

全てを同時にやってしまうと、タスクの抜け落ちが起こり、記事の内容や目的を見失います。

下記の手順でタスクに抜け落ちがないように書いていきましょう。

  1. ジャンル選定
  2. キーワード選定
  3. 検索意図・ペルソナの想定
  4. 競合分析
  5. タイトルの決定
  6. 見出しの決定
  7. 内容の肉付け
  8. 文字装飾
  9. プレビューして修正
  10. スマホで見て修正
  11. 画像選定・加工・挿入
  12. 公開
  13. サチコにインデックス申請

下記で深掘りしていきます。

ブログ書く手順①:ジャンル選定

ブログを書く手順の第一ステップは「ジャンル選定」です。

自身のブログにも様々なジャンルやカテゴリがあると思いますが、そこからまずは決めます。

  • Blog
  • SEO
  • Affikiate

当ブログでは上記のカテゴリがあり、そこから選んでいます。

さらにBlogの中でもジャンルを深掘りします。

こういった感じで深掘りして、読者にどんな内容を伝えたいかここである程度固めておきます。

ながゆう
早い段階で固めておけば、後々迷うこともなくなります!

ブログ書く手順②:キーワード選定

次にブログにおいて最重要な「キーワード選定」です。

キーワードから後のペルソナや見出しなどを決めていきます。

キーワード選定のコツは2つあり、それが以下です。

  • キーワードの種類や性質を知る
  • マインドマップで道筋の可視化

これができれば、毎回のキーワード選定が楽になるのでおさえておきましょう。

キーワード選定については『ブログのキーワード選定を4STEPで解説【コツもあわせて解説】』にて解説しています。

ブログ書く手順③:検索意図・ペルソナの想定

次は「検索意図・ペルソナの想定」です。

ここでそのキーワードで検索してくる人の考えやその人がどんな人か考えます。

検索意図

検索意図は具体的に下記のような感じ。(キーワード「ブログ 稼ぐ」)

  • ブログの稼ぎ方を知りたい
  • ブログで稼ぐ仕組みが知りたい
  • ブログで稼ぐのに必要なスキルが知りたい etc...

ざっくりこんな感じです。

ここはロングテールキーワード(3語以上が組み合わさったキーワード)であればより具体的になります。

上記の例で言えば、「ブログ 稼ぐ 仕組み」で調べる人は2番目の検索意図になりますよね。

なので検索意図が分かりにくいキーワードはロングテールにしてみると良いですよ。

ペルソナ

ペルソナとは「想定読者」のことです。

具体的に言うと、その記事を読む人がどんな人なのかっていうこと。

ペルソナを決める必要性は3つあって、それが下記です。

  • 記事内容を明確化
  • 具体例の出し方が工夫できる
  • 言い回しをその人に伝わりやすいようにする

主にこの3つがあり、これができると内容を肉付けしていく時も悩まずに書いていけます。

ペルソナの具体的な想定項目は下記です。

  • 年齢
  • 性別
  • 居住地
  • 趣味
  • 家族
  • 体型
  • 仕事
  • 給料
  • 性格

ジャンルによってはいらないものもありますが、基本的にこの9つです。

これを自問自答してたった1人のペルソナを想定して、その人にぶっ刺さるような内容にしていきます。

これがうまく想定できない人におすすめなのが、「身近な人を想定する」です。

家族でも友人でも良いので、『この記事を読んだらその人のためになるだろうな』と思いながら書いてみましょう。

ながゆう
僕は過去の自分に向けて書いています!

ブログ書く手順④:競合分析

次に「競合分析」していきます。

競合分析をすることで下記のことを理解します。

  • 書くべき内容
  • 追加すべき内容
  • 記事の攻め方

記事の攻め方について少し解説しておきます。

例えば「ブログ 100記事」というキーワードで書くときに上位記事が「100記事書いたら稼げるようになるよ!」といった内容だとします。

そのときに自分はあえて、「100記事書いても稼げないよ。。。」みたいな内容にすることで、上位記事とは別の攻め方ができます。

上位記事の内容を分析するには、実際に調べるのも良いですが、内容に差がなさそうなら「見出し抽出」を使ってもOK。

これはその名の通り、上位記事の見出しを全て抽出してくれます。

そうすれば記事の内容はおおかた分かるので、いちいち調べる必要がありません。

無料で登録もいらないのですぐに使えます。

ながゆう
僕は基本このツールだけで分析しています!

ブログ書く手順⑤:タイトルの決定

次に「タイトル」を決めていきます。

④までにどういった内容でどんな攻め方をするのかは決まったので、結構簡単に決められます。

タイトルにはいくつか種類があります。

他にもありそうですが僕は基本的にこの3つです。

またタイトルはクリックされるかどうかに超影響するので、コツも合わせて知っておくといいですよ。

コツとしては下記の7つ。

  1. 【】を使う
  2. 数字を入れる
  3. 32文字以内で書く
  4. 目を引く言葉を入れる
  5. 他の記事と逆張りする
  6. SEOキーワードを入れる
  7. 読者にとって理解しやすいタイトル

これらを使えばクリックされやすいタイトルがつけられます。

詳しくは『【保存版】ブログタイトルの付け方の7つのコツ【クリック率UP】』にて解説しています。

ブログ書く手順⑥:見出しの決定

ブログを書くときの基礎となる見出しを決めていきます。

見出しを早めに決めておくメリットは下記の3つ。

  • 単純に書くスピードが上がる
  • 内容をブラさないように書ける
  • 見出しごとに書く内容に無駄が無くなる

僕がブログ始めてすぐにあったことが3つ目。

見出しを先に決めてなかったので、前半にその見出しにとっては無駄な内容を詰め込みすぎて、後半に書くべき内容が無くなったりしていました。

なので見出しを先に決めておくと、読者もテンポよく読めるというメリットもあります。

ブログ書く手順⑦:内容の肉付け

ここでやっと「ブログを書く」という段階に来ました。

ここはぶっちゃけコツはありません。というか必要ないです。

なぜなら下準備でしっかり様々なことを固めておけば、書くことで悩む必要がないからですね。

ここで毎回手が止まるという人はそれ以前の準備が足りてない証拠。

強いて必要なことを挙げると、それは「記事を書くスキル」です。

具体的なスキルは下記の3つ。

  • SEOライティング
  • セールスライティング
  • 見た目を工夫するスキル(表を使うなど)

これらは本などで学んだり、書いていけば慣れていくものなので、悩む必要はないですよ。

スキルに関しては『【スキル別】ブログで稼ぐためのおすすめの本5選【まずは1冊読もう】』にて解説しています。

ブログ書く手順⑧:文字装飾

ブログの内容を書き終えたら、文字を装飾していきます。

文字装飾するコツは下記の3つ。

  • 色は2つまで
  • 色だらけにならない
  • スマホで見える範囲に1箇所は装飾をいれる

3つ目は意外と重要。

パソコンで記事を見てるときは集中力が高い状態が多い。

しかしスマホになると通勤途中などにサクッと見るので、飽きるとすぐに閉じられる。

なので飽きさせないためにテンポよく読ませたり、色を使ったりして変化をつけよう。

ながゆう
受験生の失敗例みたいにマーカーの引きすぎは逆に見にくいよ!

ブログ書く手順⑨:プレビューして修正

文字装飾まで終わったら、プレビューして確認してみよう。

そこで上記で解説した工夫などがしっかりしていなかったら修正する。

また誤字脱字などの確認もここでやっておこう。

ブログ書く手順⑩:スマホで見て修正

次はスマホに切り替えてプレビューしてみます。

ここもやることは同じです。

ながゆう
やらない人多いですが、スマホで記事を見る人の方が多いので忘れずに!

ブログ書く手順⑪:画像選定・加工・挿入

ブログ記事の修正が終わったら画像を扱っていきます。

画像は加工しても良いですし、しなくても大丈夫。

他の人と差別化をしたり、デザインが得意な方はやったほうがクリック率は高いです。

とは言え上位表示されればアイキャッチなどはあまり意味がないので、無理して加工する必要はありません。

そしておすすめのフリー素材が載っているサイトは下記の3つ。

undrawは当ブログのアイキャッチに使っています。お洒落でいい感じですね。

他は途中に挿入する画像をとってきています。

また画像を加工したい方は『Canva』を使ってみてください。

有料プランもありますが、無料でも充分綺麗な加工ができます。

ブログ書く手順⑫:公開

ここまで終わればついに公開です。

ここで注意ですが、「まだこの記事の出来具合に自信がないなぁ。。。」と思っても、公開しましょう。

ブログ記事には残念ながら答えはありません。

常にGoogleがアップデートを加え、記事の評価基準を変えてきます。

なので自分でわざわざ記事を評価する必要はなく、それはGoogleに任してしまいましょう。

そして『Rank Tracker』を使い、順位を計測してリライトしていくだけです。

無理して最高レベルの記事を書こうとしなくてOK。

ながゆう
どっかの有名人も言ってたように完璧ではなく、まずは完了させることが大切です!

ブログ書く手順⑬:サチコにインデックス登録

ブログ記事を公開してしまったら、最後のサチコでインデックス登録しましょう。

しなくてもいずれ勝手に登録してくれますが、すぐに評価してもらうためにインデックス登録はしておきましょう。

そのほうが早めに次のアクションの準備ができるので、最速で成果を出していきたいなら必須です。

ながゆう
ここまでで1つの記事が完成します!

ブログを書く上で書き出す前の手順は大切

ブログを書く上で書き出す前の手順は大切

次にブログを書くうえで重要なのは書き出す前だという話をします。

悩んでるあなた
ブログは書くことが最重要だよね?

こう思いがちですが残念ながら違います。

下準備でミスるとそのあとの作業はうまくいかない

今回解説した手順のうちの下準備をもう1度みてみると下記の6つ。

  • ジャンル選定
  • キーワード選定
  • 検索意図・ペルソナの想定
  • 競合分析
  • タイトルの決定
  • 見出しの決定

しっかり書き出すまでにこれだけのタスクをこなします。

この中でも最重要がキーワード選定。

ジャンル以外はキーワードから派生させて決めていきましたよね。

キーワードをしっかり明確にして、その他のタスクをこなすことで、記事の内容も完璧に近づきます。

まずはキーワード選定をしっかりできるように訓練しよう。

まずはキーワードを意識しよう

そしてキーワード選定ができたらそれ以降の下準備を鍛えていきます。

検索意図やペルソナ。見出しなどを決めるときは常に頭の中にキーワードを意識します。

そうすれば適切な内容を読者に届けることができるようになっていきます。

【失敗しない】ブログを書く手順13STEPをテンプレ化して解説:まとめ

【失敗しない】ブログを書く手順13STEPをテンプレ化して解説:まとめ

今回は『ブログを書く手順』について解説していきました。

ブログを書くことにおいて手順は重要です。

    ブログの書き方手順

  1. ジャンル選定
  2. キーワード選定
  3. 検索意図・ペルソナの想定
  4. 競合分析
  5. タイトルの決定
  6. 見出しの決定
  7. 内容の肉付け
  8. 文字装飾
  9. プレビューして修正
  10. スマホで見て修正
  11. 画像選定・加工・挿入
  12. 公開
  13. サチコにインデックス登録

この順番を守れば記事の出来具合はある程度保たれます。

そして手順の中でも下準備の段階は超大切なので、時間をかけてやりましょう。

本当に1番時間をかけてもいいレベルです。

しっかりブログを書いていくのにある意味必須のスキルなので、身につけていこう。

それではこの辺で。

関連記事【必須】ブログで使える神ツール13選【稼ぐならすぐ導入】

-Blog

© 2020 nagayuublog Powered by AFFINGER5