Blog

【暴露】ブログの書き方にはテンプレートがあります【誰でも簡単に書ける】

2020年6月10日

悩んでるあなた
ブログの書き方がわからない。いろんな書き方してしまってなかなか定まらないなぁ。テンプレを教えてほしい。

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • ブログの書き方のテンプレートを紹介
  • ブログの書き方テンプレートを使うメリット

ブログには書き方のテンプレートがあります。

実は、そのテンプレートに沿って書いていけば、誰でも簡単に読まれる記事を完成させることができます。

実際に僕がこのテンプレートを使い始めてから、様々なメリットを感じることができました。

そのメリットもあわせて紹介します。

この記事を読めば、今まで記事を書くことが苦手でも、効率よく最高な記事を書くことができます。

ながゆう
早速解説していくよ!

ブログの書き方テンプレート

ブログの書き方テンプレート

ブログの書き方テンプレートは3つに分けて解説していきます。

  • 導入文
  • 本文
  • まとめ

この3つでそれぞれ書いていくことが違うので、その役割と一緒に解説します。

しかしまずはブログの本質から捉える必要があります。

ブログの本質は「読者のお悩み解決」です。

それについては「【最新版】ブログの文字数は気にしないでいい【長文書けはゴミ】」で解説しています。

そこまで理解できたら、早速ブログの書き方テンプレートを解説していきます。

ブログの書き方テンプレート:導入文

ブログ記事の導入文は意外と知られてないですが、超重要。

理由としては「ページの滞在時間」に関わります。

ページの滞在時間が短ければ、記事の評価は低くなるので、魅力的な導入文を書くのがポイントです。

ではどういったことを導入文で書けば良いかというと、下記の4つです。

  1. 読者の悩みを明確化
  2. 記事の大まかな内容
  3. 悩みを解決できる根拠・信頼性
  4. 記事を読んだ後の未来の宣言

下記で深掘りしていきます。

読者の悩みを明確化

まずは読者が「この記事を自分にとって有益だ」と思うように、悩みを明確化してあげます。

本記事の例で言えば、冒頭の吹き出しの部分です。

そこで悩みをいくつか会話風に書いてあげて、記事のハードルを下げる効果もあります。

ココがポイント

できるだけ読者の検索意図にあった悩みを提示してあげることがポイントです。

ながゆう
吹き出しのアイコンも「悩んでるあなた」とすることで、より読者自身のことだと思わせることができるよ!

記事の大まかな内容

次にこの記事にはどんなことが書いてあるのかを明確化します。

本記事であれば「本記事の内容」と書いてある部分です。

ここでは目次と似たようなイメージで大丈夫です。

ながゆう
リスト形式でまとめると読者に優しい書き方になります!

悩みを解決できる根拠・信頼性

読者にこの記事は信頼性が高いことを明記します。

本記事では実体験をそのまま根拠・信頼性に変えてます。

基本的に実体験である方が信頼性は高まります。

なぜなら他の人が言っているものを引用したところで、自分自身の信頼性は高まらないからです。

なので、できるだけ画像やグラフなどで説明できる場合は使うことをおすすめします。

記事を読んだ後の未来の宣言

最後は読者によくなる未来(=ベネフィット)を与えます。

本記事では2つの未来を提示しています。

初心者にありがちなのが、メリットを与えてしまうこと。

基本的に悩みが解決できれば、その時点で記事を読むメリットは感じられます。

なのでそれに加えて、その悩みが解決できた後の未来を予測させて、記事を読む欲を掻き立ててあげましょう。

ブログの書き方テンプレート:本文

ブログの本文には2つの役割があります。

  • お悩み解決のための解説
  • 次の行動へ促す

ざっくり解説します。

お悩み解決のための解説

ブログでは本文で伝えたいことを伝えます。

なので当たり前ですが、お悩み解決は本文で完結させていきます。

しっかり内容を固め、100%不安や悩みを解決してあげれるような本文にしてあげます。

次の行動へ促す

記事を読み終わった後の行動には2つあります。

  • 内部リンクで別記事に飛ばす
  • 実際に商品を買ってもらう

この2つの行動をとらせることが、書く側の目標。

これを達成するための目的として「悩みを100%解決してあげること」があります。

本文でこの2つの役割をしっかりこなすことができれば、自ずと次の行動へと促すことができます。

ブログの書き方テンプレート:まとめ

最後のまとめでは3つのことを書いていきます。

  • 重要ポイントのまとめ
  • 読んだあとの未来の再提示
  • 次にやってほしいこと

サクッと解説します。

重要ポイントのまとめ

まとめの役割として当たり前ですね。

本記事でまとめるなら、リスト形式で書いた部分です。

主に記事冒頭に書いた内容は忘れている可能性が高いので、そこは絶対にまとめに書くべき。

もちろん伝えたい内容の要約を書き加えるのもあり。そこは自分のアレンジ次第です。

読んだあとの未来の再提示

記事の導入文で書いた読んだ後の未来を再提示します。

もちろん同じような書き方では読む前と後なので、不自然になります。

読んだ後に見ると伝わりやすいような形に書き直し、再提示してください。

次にやってほしいこと

ここでは先ほどの2つのやってほしいことを書きます。

商品のリンクや内部リンクを書いてサラッと誘導するような書き方で締めます。

注意ポイント

初心者にありがちな、あからさまな誘導をしないように注意してください。

ブログの書き方テンプレートを使うメリット

ブログの書き方テンプレートを使うメリット

ここまでブログの書き方テンプレートを解説してきました。

後半はそのテンプレートを使うメリットを2つ解説します。

  • 執筆スピードが上がる
  • 内容の抜け落ちがない

下記で深掘りしていきます。

執筆スピードが上がる

ブログの書き方テンプレートに沿って書いていけば、ほぼタイピングを止めずに執筆できます。

その理由は2つ。

  • 書く内容が整理しやすい
  • 無駄なことを考えなくて良い

書く内容が整理しやすい

テンプレがあれば基本的に迷う必要がありません。

書く前の下準備の時点で、見出しやポイントをまとめやすくなります。

下準備がしっかりしていれば執筆でも困らないので、まずはテンプレをしっかり理解するところからやりましょう。

無駄なことを考えなくて良い

ブログを書き始めた頃は、基本的に何を書いて良いのかわかりません。

しかしテンプレ通りに書く内容を絞って、整理しておけばサクッと書き終わります。

あれこれ付け加えようか迷う時間が省けるので、初心者はテンプレ通りに書いていくことをおすすめします。

内容の抜け落ちがない

最近のブログはコンテンツ主義になってきました。

なので書く内容というのはまじで重要です。

そこでテンプレを使うと、書く内容をまとめられるので、抜け落ちることはありません。

確実にお悩み解決するには、内容の抜け落ちがあっては無理です。

伝えるべきことを確実にわかりやすく伝えるのが重要です。

【暴露】ブログの書き方にはテンプレートがあります:まとめ

【暴露】ブログの書き方にはテンプレートがあります:まとめ

今回は「ブログの書き方テンプレート」について解説していきました。

ブログのテンプレートは3つに分かれていて、それぞれ書く内容が異なります。

それらを見返しつつ、自分なりのテンプレートに進化させていくのもありですよ。

また、テンプレートを作るのには2つのメリットがあります。

  • 執筆スピードが上がる
  • 内容の抜け落ちがない

これら2つのメリットを感じられれば、ブログ運営は快適です。

それではこの辺で。

あわせて読みたい
【必須】ブログで使える神ツール13選【稼ぐならすぐ導入】

続きを見る

-Blog

© 2020 nagayuublog Powered by AFFINGER5