Blog

【簡単】内部リンクの効果的な貼り方【収益UPに繋がります】

2020年7月1日

悩んでるあなた
内部リンクの貼り方がわからない。まず内部リンクって何なの?コツとかあったら教えて!

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • そもそも『内部リンク』とは?
  • 内部リンクを貼るメリット
  • 内部リンクの貼り方
  • 内部リンクを貼るコツ

内部リンクを貼るには知識が必要。

適当に貼っても意味ないです。

実は内部リンクの貼り方がわかれば、ブログ運営においては最強です。

実際に僕自身、内部リンクをしっかり整えたことで、PV数や収益もUPしました。

もし内部リンクについて詳しく知らないなら、読んでいってください。

この記事を読めば内部リンクの全てがわかり、稼ぎ方が見えてきます。

ながゆう
早速解説していくよ!

そもそも『内部リンク』とは?

そもそも『内部リンク』とは?

内部リンクとは、自分のサイトの中で記事と記事を繋げるリンクのことを指します。

内部とは自分のサイトっていう意味です。

内部リンクでたくさんの記事を繋いで、読者にとってのユーザビリティを上げてます。

また、下記のように集客記事から収益記事へ内部リンクを使って読者を流すことによって、収益記事の方で収益が出やすいような構造になってます。

内部リンクとは?

これをうまく使いこなすことで、SEOの評価をあげたりします。

内部リンクを貼るメリット

内部リンクを貼るメリット

次に内部リンクを貼るメリットを解説します。

内部リンクを貼るメリットは主に下記の3つです。

内部リンクを貼るメリット

  • 収益を上げやすくする
  • PV数を上げる
  • 平均滞在時間が伸びる

下記で深掘りしていきます。

収益を上げやすくする

内部リンクの使い方として王道な集客記事から収益記事へ流すことで、収益を上げやすくします。

なぜこの構造が成り立つかというと、収益記事では上位表示を狙うことは困難だからです。

集客記事とはその名の通り集客をするので、上位に入りやすいキーワードで書いていきます。

そうすることで収益記事が上位に上がらなくても、収益を出すことができるんです。

上位に入りやすいキーワードについてよく知らない方は『【保存版】ロングテールキーワードの探し方【活用法も解説】』にて詳しく解説しています。

PV数を上げる

内部リンクを使うと、回遊率が大きくなっていきます。

回遊率・・・1人の読者が何記事くらい見て回ってくれるかの割合

この回遊率が上がることでPV数が2倍、3倍となっていきます。

また、PV数が上がることでGoogleからの評価が高まるので、全体的に検索順位を上げることができます。

ここでは『集客記事』→『収益記事』の流れだけでなく『集客記事』→『関連記事』とすることもOK。

主にこっちの流れでPV数を上げています。

平均滞在時間が伸びる

平均滞在時間・・・そのサイトを見ていた平均の時間

上記のPV数が上がることとほぼ比例して、平均滞在時間が増えます。

仕組みは簡単で、読者が見ていく記事数が増えればそれだけ読むための時間を必要になりますよね。

平均滞在時間もGoogleからの評価を上げるうえで大切な評価項目なので、大きなメリットになります。

ながゆう
関連記事をたくさん繋いで、Googleからの評価を爆上げしよう!

内部リンクの貼り方

内部リンクの貼り方

次に内部リンクの貼り方について解説していきます。

内部リンクの貼り方は下記の3つです。

  • テキストリンクがおすすめ
  • 内部リンクは3つくらい
  • これはダミーのリストです

下記で解説していきます。

テキストリンクがおすすめ

内部リンクは主に下記の2つの方法で貼ります。

  • ボタンリンク
  • テキストリンク

実際にほとんどの場合テキストリンクの方がクロック率が良いので、テキストリンクを使いましょう。

また、テキストリンクだと文章での誘導ができるのがメリットとしてあり、参考に下記を見てください。

テキストリンク

このようにサラッと文章の中にあると、どんな内容なのかの説明も加えられるので、読者にとっても読む気になりやすいです。

内部リンクは3つくらい

内部リンクは収益記事や他の関連記事に飛ばして、PV数をあげられるメリットがあるので、たくさん貼るといいと思われがち。

しかし残念ながら少し違います。

もちろん読者にとって必要なら貼るべきですが、たくさん貼らないといけないということは、その記事自体の内容の薄さが原因かもです。

また、読者目線から言えば、そんなにたくさん読みたいわけではありません。

できれば1つの記事で悩みを解決したいと思うので、おすすめは3つまで。あっても4つですね。

できるだけ内容は詰め込みつつも、必要な分だけ内部リンクで繋げましょう。

ながゆう
たくさんあると少しウザく感じる可能性もあるので注意ですよ!

まずは記事数を増やそう

内部リンクを貼るためには、その元となる記事が必要ですよね。

なのでまずは記事を書きましょう。目安としてはまずは10記事。

それらを繋いでみて、内部リンクを貼る練習をしましょう。

内部リンクはサイト設計の基礎となるので、練習しておくとやり方が理解できます。

内部リンクについては『【初心者向け】ブログのサイト設計5つの手順【読者に優しいサイト】』の「記事設計」の欄にて解説しています。

ながゆう
雑記ブログの場合でも、1つのジャンルについて10記事書いた方が貼る練習になるよ!

内部リンクを貼るコツ

内部リンクを貼るコツ

最後に内部リンクを貼るコツを解説しておきます。

内部リンクを貼るコツは下記の3つです。

  • 記事の後半に集中する
  • 収益記事にはほぼ貼らない
  • 内部リンクはある程度目立たせる

記事の後半に集中する

内部リンクを後半に集中させる理由としては、記事の前半で別の記事へ行かせないためです。

早めに行かれると、記事単体の平均滞在時間が短くなるので、Googleからの評価は悪くなります。

なのでどうしても必要な時以外は後半に集中して内部リンクを貼りましょう。

具体的に前半に貼っても良い場合は「その内部リンクが収益記事に飛ばすため」ならOK。

収益記事の飛ばすための内部リンク

上記のように収益記事を目次上に貼ってます。

平均滞在時間が短かろうが、収益が発生すれば良いのでそこは記事との相談です。

収益記事にはほぼ貼らない

言わずもがな収益記事には内部リンクは貼らないことが吉です。

そこで収益を発生させたいのに別の記事に逃げられるともったいないですよね。

とはいえ、収益記事にも貼って良い記事があって、それは下記のキーワードの場合です。

  • 「(商品名) 買い方」
  • 「(商品名) 導入方法」
  • 「(商品名) 使い方」

こんな感じ。共通点は「その商品を買う時(or買った後)に読むべき記事のキーワード」です。

買う前提の人が読みにくるのがほとんどなので、これらは貼ってもOKです。

内部リンクはある程度目立たせる

内部リンクは主にスマホで見る人にスルーされやすいです。

スルーされては元も子もないですよね。

なので内部リンクは目立たせることが鉄則。

具体的には当記事でも使っているグレーの背景を使うなどです。

他の装飾では使わないものを内部リンクを貼る時限定で使うことで、読者も認識しやすいです。

自分のサイトのデザインやジャンルに合わせて、目立たせるデザインを使ってみてください。

【簡単】内部リンクの効果的な貼り方:まとめ

【簡単】内部リンクの効果的な貼り方:まとめ

今回は『内部リンクの貼り方』について解説していきました。

内部リンクはブログ運営において使いこなせたら最強。

Googleからの評価や収益UPも見込めます。

今回のおさらい

内部リンクを貼るメリット

  • 収益を上げやすくする
  • PV数を上げる
  • 平均滞在時間が伸びる
内部リンクの貼り方

  • テキストリンクがおすすめ
  • 内部リンクは3つくらい
  • これはダミーのリストです
内部リンクを貼るコツ

  • 記事の後半に集中する
  • 収益記事にはほぼ貼らない
  • 内部リンクはある程度目立たせる

記事数が溜まってくれば晴れる記事も増え、複雑になるので早めに管理しておくことをおすすめします。

また、内部リンクを貼るには「集客記事」「ロングテールキーワード」などの知識も必要です。

なので参考記事を下記に載せておきました。ぜひ。

それではこの辺で。

関連記事【簡単】ブログの書き方のコツを13個厳選しました【手順も解説】

関連記事【必須】ブログで使える神ツール13選【稼ぐならすぐ導入】

-Blog

© 2020 nagayuublog Powered by AFFINGER5