SEO

【断言】SEOにおいて検索意図は重要です【具体例・方法も解説】

悩んでるあなた
SEOにおいて検索意図って大切なの?検索意図って具体的に何かわからないから教えて。

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • SEOにおいて検索意図は重要です
  • 検索意図を意識したSEOコンテンツを作る方法
  • 検索意図を調べる方法
  • 検索意図を考える時にやってはいけないこと

SEOにおいて検索意図を考えることは超重要です。

理由としては読者の心を読めるので、読者にとって最適なコンテンツを提供できるようになるから。

Googleも明言しているように、検索エンジンより読者にとって最適かどうかを考える方が大切になってきました。

検索ではなくユーザーに合わせてコンテンツを最適化する

一般に検索エンジンからアクセスしやすいサイトにすると良い結果につながりますが、その一方で、ユーザーのニーズに合わせてサイトをデザインしてください。

引用:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

実は検索意図を考えることはそこまで大変ではないです。

実際にやることは3つのステップで完了します。

もし、検索意図を具体的に思い浮かべられなかったり、検索意図の重要性がわからない人は読んでいってください。

この記事を読めば、検索意図について網羅的に理解できて、本質的なSEO対策ができるようになります。

ながゆう
早速解説していくよ!

SEOにおいて検索意図は重要です

SEOにおいて検索意図は重要です

まずはSEOにおいて検索意図がどれだけ重要か解説していきます。

検索意図とは、簡単にいうと「読者がどんな意図をもってそのSEOキーワードを検索したのか」ですね。

まずは具体例を見れば分かる

具体例として、「キャンプ 8月 気温」というキーワードから検索意図を深掘りしていきます。

    検索意図

  1. 8月にキャンプしたいから、気温が知りたい
  2. 8月のキャンプしたいから、最適な服装や持ち物が知りたい

前者と後者どちらが読者の寄り添った検索意図の想定でしょうか。

答えは後者ですね。もちろん気温も記事の中で書くべきですが、最適な検索意図とは言えない。

キーワードからそのまま読み取れる検索意図を「顕在ニーズ」と言います。顕在ニーズだけでは少し甘いです。

逆に後者のような検索意図を「潜在ニーズ」と言います。こっちを読み取れたら完璧です。

キーワードの奥底に眠っているニーズを読み取ることで、より質の高いコンテンツが作れます。

生活の中から探してOK

SEOにおける検索意図が読み取りにくい時は、普段の生活の中から探してOK。

例えば自分が実際に検索している時に、どんなことを考えながら検索しているのかを常に考えるとか。

人の検索意図はわかりにくいので、身近な人や自分自身から引っ張り出すのが最適ですね。

検索意図を意識したSEOコンテンツを作る方法

検索意図を意識したSEOコンテンツを作る方法

検索意図を意識したSEOコンテンツの作り方の手順は下記の3つです。

  1. SEOキーワードを決める
  2. 検索意図を考える
  3. 検索意図を深掘りする

これら3つの手順はブログ記事を書くうえで大切な過程なので特に意識してやりましょう。

1つずつ解説していきます。

手順①SEOキーワードを決める

まずはSEOキーワードを決めていきます。

キーワードというのは記事の内容や方向性を決める重要な項目、要するに記事の中心です。

なのでキーワードを決めないというのは、適当な記事を書くのと同じなので、そうならないためにルール通り決めていきましょう。

キーワード選定に関しては『ブログのキーワード選定を4STEPで解説【コツもあわせて解説】』にて詳しく解説しています。

手順②検索意図を考える

次にSEOキーワードから検索意図を考えます。

具体的にはSEOキーワードから考えられる悩みを明確化します。

例えば、「ブログ 書き方」というキーワードで悩み=検索意図を考えてみます。

    検索意図の例

  • ブログの書き方のコツが知りたい
  • ブログの書き方の手順が知りたい
  • ブログの書き方のテップレートが欲しい

こんな感じ。ここでは表面的に見える悩み=顕在ニーズだけを捉えればOKです。

まずは実体験なんかから検索意図を考えられるだけ考えよう。

手順③検索意図を深掘りする

次に手順②で考えた検索意図を深掘りします。

顕在ニーズは見えたのであとは潜在ニーズを考えるだけ。

潜在ニーズは顕在ニーズを満たした未来から想定すると簡単です。

さっきの例だと下記のような感じ。

  • ブログの書き方のコツが知りたい→コツを知って稼げる記事にしていきたい
  • ブログの書き方の手順が知りたい→作業効率を上げて、早く書きたい
  • ブログの書き方のテップレートが欲しい→読者にとって読みやすい記事を書きたい

これらはキーワードからは読み取りづらいですよね。なので潜在ニーズと言われています。

ここまで深掘りしていけば、記事の方向性などが明確なので記事も書きやすいです。

検索意図を調べる方法

検索意図を調べる方法

検索意図は基本的にいろんなところから調べることができます。

最近は情報収集をしやすくなったので、検索意図を調べることは簡単です。

具体的には下記の3つがおすすめ。

  • SNSで検索
  • 友人に聞いてみる
  • 上位記事を参考にする

下記で解説していきます。

SNSで検索

まずは不特定多数の人の検索意図を調べることが1番いいです。

検索エンジンも不特定多数の人が使うので1番参考になりますよ。

具体的にはTwitterでSEOキーワードと同じワードで検索してみると出てきます。

例えば、「2020 おすすめ アーティスト」とかで調べると音楽垢の人たちがたくさん呟いています。

そういったところから、人気のアーティストも含めて悩みなども回収していきます。

意外と簡単に見つかるので手間を省きたい方はSNSを上手く使おう。

注意ポイント

検索キーワードによっては悩みなどが出てきにくい場合があります。その時は悩みが出てきそうなキーワードに変えてみたり、別の方法で検索意図を調べることをおすすめします。

友人に聞いてみる

次は友人に聞いてみましょう。

ジャンルとしては、健康系(美容、筋トレなど)やアウトドア系(旅行、キャンプなど)だと悩みをもってそうですよね。

あまりデリケートなことは聞けないかもですが、人は悩みをもっているものなのですぐに検索意図を調べることができます。

しかし、1人だけだと検索意図がぶれる可能性もあるので、数人に聞いて共通するものだけ参考にするといいですよ。

上位記事を参考にする

最後は王道の上位記事を参考にすることですね。

これがぶっちゃけ最強です。上位に入っているということは、現時点でその記事に書かれていることが正解なわけなので1番参考になりますね。

もちろん記事の丸パクリはいけませんが、見出しだけ見てなんとなくの検索意図を理解するくらいなら最速でできます。

この際に使えるのが『見出し抽出ツール』です。

これはその名の通り、そのキーワードの上位記事の見出しのみを抽出してくれるので、内容パクリをせずに参考にできます。

ながゆう
Webサイト上で使えるツールなのでもちろん無料ですよ!

検索意図を考える時にやってはいけないこと

検索意図を考える時にやってはいけないこと

最後に検索意図を考える時にやってはいけないことを解説します。

それは2つだけ。

  • 主観に偏りすぎ
  • 読者の経験によって内容が変わるキーワードは注意

1つ1つ解説していきます。

主観に偏りすぎる

検索意図の調べ方の「友人に聞く」でも書きましたが、たった1人の意見を鵜呑みにしてそれを検索意図として採用するのは注意です。

もちろん自分の悩みから参考にする場合も同じ。

少し厳しいことを言うと「あなたの悩みは全員の悩みとは限らない」っていうこと。

あまりに母数が少ないと、検索意図の考えが偏りすぎるのでそこだけは注意が必要ですね。

あくまで読者が読みたい記事にするための準備なので、あなたが読みたいものにならないようにしましょう。

読者の経験によって内容が変わるキーワードは注意

これは具体例を出しつつ解説します。

例えば「キーボード おすすめ」というキーワードで検索意図を考えます。

これを検索する人の中には、初めてキーワードを買う人外付けキーボードが初めてっていう人もいます。

それに加えて、今使っているキーボードは飽きたから新しいのが欲しいっていう人もいるはず。

要するに自分に合っているものがわかっている人とわかっていない人が混在している状態です。

そうなると検索意図がバラバラで紹介すべきキーボードもわからないし、他に書くべき内容もよくわからないですよね。

その時に考えるべきは「ペルソナ」です。

ペルソナさえ明確にしておけば、内容も固まるのでこういった問題を防げます。

経験者向けなのか、バリバリ初心者向けなのかで検索意図が違うことを知っておきましょう。

ペルソナ設定については『【簡単】ブログのペルソナ設定の方法【難しいことはしない】』にて詳しく解説しています。

【断言】SEOにおいて検索意図は重要です:まとめ

【断言】SEOにおいて検索意図は重要です:まとめ

今回は「SEOにおいて検索意図は重要です」という話をしました。

今回のおさらい

    検索意図を意識したSEOコンテンツの作り方

  1. SEOキーワードを決める
  2. 検索意図を考える
  3. 検索意図を深掘りする
    検索意図を調べる方法

  • SNSで検索
  • 友人に聞いてみる
  • 上位記事を参考にする
    検索意図を考える時にやってはいけないこと

  • 主観に偏りすぎ
  • 読者の経験によって内容が変わるキーワードは注意

ブログにおいてキーワードの次に大切なのは、検索意図です。

キーワードから検索意図を考えるのは簡単ですが、大切なのはどちらかというと潜在ニーズを考えること。

これさえできれば読者にもSEOにも最適化したコンテンツを作ることができます。

また、SEOを意識したライティングの仕方や記事の書き方を意識してより最適化する必要があります。

下記の記事でそれらを解説しています。ぜひ。

それではこの辺で。

関連記事【本質】SEOライティングのコツ5選【読者を意識すべし】

関連記事【簡単】ブログの書き方のコツを13個厳選しました【手順も解説】

-SEO

© 2020 nagayuublog Powered by AFFINGER5