SEO

【本質】SEOライティングのコツ5選【読者を意識すべし】

2020年7月3日

悩んでるあなた
SEOライティングについて詳しく知りたい。学ぶためにはどうしたらいいの?具体的に教えて!

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • SEOライティングのコツ5選
  • SEOライティングの学習手順
  • 2020のSEOは『読者意識』が大切

SEOライティングはブログにおいて必須スキル。

身につけておくとバンバン検索上位を取れます。

実はSEOライティングはコツさえ掴めば誰でも使えます。

実際に僕自身も本などで理解しつつ、アウトプットすることで身につきました。

もし、SEOライティングが苦手な方は見ていってください。

この記事を読めばSEOライティングの基礎や学習方法などを理解でき、今までとは全く質の違う記事を書けるようになります。

ながゆう
早速解説していくよ!

SEOライティングのコツ5選

SEOライティングのコツ5選

SEOライティングとは、ブログ記事を書いていく上で常に意識を持っておかないといけないスキルです。

ブログを始めるとSEOという言葉をよく聞きますが、実際にどのように実践していくのかわからないですよね。

なのでこの章ではSEOライティングのコツについて実践で使えるように解説します。

  • 結論から始める
  • 代名詞を使わない
  • 最適な文字数にする
  • 同じ属性の羅列はリスト化
  • hタグにキーワードを入れる

1つ1つ解説していきます。

SEOライティングのコツ①結論から始める

SEOライティングではよく言われる、結論から始めること。これはブログとはどんなものかわかれば理解できます。

ブログは読者の悩みを解決したり、価値を提供していくもの。

要するに検索して記事を読みにくる読者は理由や根拠よりまずは答えが欲しいもの。

なので、まずは結論から書いていこう。

具体的な実践例は下記の3つ。

  • 見出しで記事の内容がある程度分かる
  • 導入文で答えを書く

こんな感じ。

この記事は解説系の記事なので1番目の見出しで答えを教えてます。

そして読者が答えを知った後の心境は、「え、なんで?」などの疑問に移り変わります。

そこで根拠や具体例を出してあげて、満足させていこう。

SEOライティングのコツ②代名詞を使わない

ブログは特殊な文章の書き方なので、ブログ初心者の方は困惑する部分ですね。

一般的には1度出てきたものは代名詞に変えて読みやすくするのが基本。

ですが、ブログはSEOが関わっているので代名詞に変えてしまうとキーワードを消してしまうことになります。

なので代名詞は使わず、しっかりキーワードとして残しましょう。

また、もう1つ意識すべきは「読者はそこまで頭が良くない」です。

これは本気で思うわけでなく、意識はここにおきましょうということ。

「代名詞ばかり使っていると、頭の悪い読者は理解しづらくなるからキーワードは残す」みたいなイメージ。

上から目線で書くとウザいですが、この2点の理由で代名詞は使わないことが鉄則になります。

ながゆう
キーワードが不自然に羅列してしまう場合は文章を変えるか、1箇所だけ代名詞にするなど変更してみよう!

SEOライティングのコツ③最適な文字数にする

SEOライティングには「文字数をたくさん書けば上位に上がりやすい」「今は文字数じゃないよ」みたいな内容の記事がありますが、半分正解です。

本質的には『読者を満足させることができる文字数』です。

「満足させるために必要なコンテンツを書いたら、これだけの文字数になった」というのが本質で、何文字書けばいいっていう話では無い。

ここでいう最適な文字数とはそういうことです。

なので記事によっては超少なくていい場合もあります。

それは競合の記事などを見れば、書くべき内容はわかってくるので悩む必要なしです。

SEOライティングのコツ④同じ属性の羅列はリスト化

Googleが出してるガイドマップにもありますが、リスト化することはSEO的にもいいこと。

さらに読者にとってはリスト化されていた方が読みやすいので、情報の羅列はリスト化が基本。

具体例

僕が好きな果物は3つあります。

  • みかん
  • リンゴ
  • バナナ

こんな感じで、情報の属性が似ている場合はリスト化しよう。

また、手順なども番号を振り分けたリストにすることで、視覚的に認識しやすいのでおすすめ。

SEOライティングのコツ⑤hタグにキーワードを入れる

SEOの基礎中の基礎ですね。

hタグをおさらいしておくと、見出しを書くためのタグですね。

  • h1:タイトル
  • h2:大見出し
  • h3:小見出し etc...

数字を小さくしていけば、デザインや大きさの違う見出しになっていきます。

これはSEOでもそうですが、先述した「結論から始める」でもあったように、パッと見て結論や答えが分かるようにするためにはhタグにキーワードがあった方が理解しやすい。

そういった面でもhタグにキーワードを入れるようにしましょう。

注意ポイント

h2タグに入れるのは必須ですが、h3タグには無理やり入れる必要はありません。入れると不自然になることが多いので注意です。
しかし、『AFFINGER』を使えば本記事のようにh3にもサラッとキーワードを入れられるのでおすすめです。

SEOライティングの学習手順

SEOライティングの学習方法

SEOライティングの学習手順は下記の3STEPです。

  1. 他の人の記事を読む
  2. 本で深く学ぶ
  3. さっそくアウトプット

下記で深掘りしていきます。

他の人の記事を読む

まずはSEOライティングのコツを実際に目で見るために、他の人の記事を読んでみましょう。

見出しやリスト、文字数などを気にしながら読むとある程度掴めます。

ぶっちゃけ読む人は誰でもいいですが、半年くらい経験のある人を読むといいでしょう。(僕でもいいですよ。)

あとはSEOキーワードの入れ方なども見えてくるので、ブロガーのやり方をしっかりパクっていきましょう。

SEOキーワードの入れ方に関しては『【保存版】SEOキーワードの入れ方をわかりやすく解説』にて詳しく解説しています。

本で深く学ぶ

SEOライティングについてのある程度のコツが掴めたら、本で深くまで理解して脳に落とし込みましょう。

本については読むだけでなく、実際に自分のブログだったらどんなふうにすればいいだろうと、考えながら読むと最適です。

実際に記事を書く際に1度リハーサルしてるので、サクッと実践できますよ。

SEOライティングの本については『【スキル別】ブログで稼ぐためのおすすめの本5選【まずは1冊読もう】』にて紹介しています。SEO以外の本も紹介しています。

さっそくアウトプット

SEOライティングについてある程度理解できたら、早速書いていきます。

書く際には今回解説したコツやその他学んだことを見える位置にメモっておけば、常に意識しながら書けます。

そして書いた後にはまた改善のために学習のやり直しをしていこう。

また、記事を書くときにテンプレートを用意しておくと書きやすいですよ。

記事の書き方テンプレートは『【暴露】ブログの書き方にはテンプレートがあります【誰でも簡単に書ける】』にて詳しく解説しています。

学習の注意点

学習の注意点としては、『SEOライティングには答えがない前提で学ぶこと』です。

記事や本によっては書いていることが真逆だったりするので、まずはサクッと学び、そして自分なりの答えや改善方法を掴んでいこう。

もちろん一般的なことから大きく外れるのは良くないですが、ある程度の自分流は大切です。

2020のSEOライティングは『読者意識』が大切

2020のSEOは『読者意識』が大切

最後に2020年のSEOライティングは『読者意識』が大切である話をします。

SEOライティングにおいて読者意識が大切な理由

今回解説したSEOライティングには共通点があり、それは「全て読者ファースト」であること。

文字数だったり、リスト化だったりすることはSEOの評価にも関わりますが、読者が読みたいと思う記事にもすることができます。

要するに読者の二の次がSEOであることを忘れないことが大切。

自分が読者の際に、どういった記事であれば読みたくなるかを考えるとより具体的になります。

また、最近は記事の内容が似通ってきていて、内容の差別化が難しくなってきました。

その中でどうやって差別化していくかを考えるときに、読者意識があれば差別化しやすいですね。

似通った内容の中で、オリジナリティを出していけば他の記事とは違うので、読者も読みたくなります。

まずはSEOよりは読者意識が大切かもですね。

読者の問題解決にはコンテンツの質が大切

そしてSEOライティングのコツでもさくっと触れましたが、2020年はコンテンツ主義の年です。

読者意識をもち、どういった問題があるかを明確化して書いていけば自然とコンテンツの質は上がりますね。

自分が書いた方がいいと思うことも大切ですが、まずは読者が読みたいものを提供しよう。

また、自分自身が過去の経験した失敗などを応用すればよりオリジナリティが出て、問題解決もしやすいですね。

読者は経験談が1番参考にしやすく、読みたい記事のトップなので問題解決記事を書くなら最優先で経験談を書こう。

ながゆう
僕はブログで書きながら疑問に思ったことなどを解決して記事にしています!

【本質】SEOライティングのコツ5選:まとめ

【本質】SEOライティングのコツ5選:まとめ

今回は「SEOライティングのコツ」について解説していきました。

今回のおさらい

    SEOライティングのコツ

  • 結論から始める
  • 代名詞を使わない
  • 最適な文字数にする
  • 同じ属性の羅列はリスト化
  • hタグにキーワードを入れる
    SEOライティングの学習手順

  1. 他の人の記事を読む
  2. 本で深く学ぶ
  3. さっそくアウトプット

SEOライティングは奥が深く、なんなら答えも明確にありません。

なのでいろんな試行錯誤を繰り返しながら、そしてコツをしっかり理解し実践しましょう。

また、SEOライティングがどの程度成長したかは、検索順位チェックツールでわかります。

Rank Tracker』というツールがおすすめなのでぜひ。

それではこの辺で。

関連記事【必須】ブログで使える神ツール13選【稼ぐならすぐ導入】

関連記事ブログ初心者が最低限知っておくべきSEO対策まとめ【まずはこれだけ】

-SEO

© 2020 nagayuublog Powered by AFFINGER5